スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

塗って失敗して元に戻して

失敗箇所の修復で一日が終わってしまいました。集中していたつもりだったのですが、あまり頭が回転していなかったようです。



挑戦してみた結果の失敗だったら許せるのですが、ちゃんとよく見て考えていれば避けられたはずの失敗だったということでなんというか無駄感が・・・



ちょっと歪んでいただけですぐに人間の目は察知するので建物を描く時は要注意という話を聞いていましたが、その真意がわかりました。



窓枠の角度のちょっとしたズレでも凄い違和感。



丁寧に仕上げる作業に入っていただけにまたやり直しはちょっとしんどいですが、まだやり直しがきく分マシだと思って手入れていきます。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト
line

生活のサイクルが少し戻ってきた

最近6、7時頃目が覚めます。前なら11時起きてきてもしんどすぎてまた寝てたくらいなのですが。



「自分が何をしようが実を結ぶことはない。生まれて死ぬまでこの生命に意味はない」
そう考えてもう無理に起きようとしなくなったんですね。起きて何かしなきゃという思いは捨てました。



すると不思議なもので、目覚ましなくても勝手に目が覚めるんです。目が覚めると今度手が暇になる。なので作業がはかどります。



でも今度はもっとやるぞ!と思うとパフォーマンスはガタ落ちし、何時間もうろついているだけで何もせず、結局謎の疲れで寝てしまうということが起きるので、あくまで「特に意味はないけど、でも暇だからやってもよい」というスタンスが自分には必要です。



やろうとすると全然何も進まず、放棄すると手が動くという少々扱い辛い仕様の体になっているようです。逆なら動きやすいのですが。



無意味前提の作業は心地のいいものではないのですが、右往左往して結局何もせず罪悪感だけが残っていた頃よりはまだマシかなと思います。



本当は絵も「やっていたらいつか上達するかもしれない。何か表現できるようになるかもしれない」という思いがあってやってた方が楽しいのですが。今はそれも捨てているのでちょっとだけ虚しいです。まあ手動かしている最中はそんなこと考えている余裕はありませんがw 



一応精神統一としてはいいのかもしれません。



にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line

自我の芽生えが遅すぎた

私は自我の芽生えが人よりかなり遅かったと思います。今回はそれについて少し語ります。



普通自分の意思は自分のものであるという実感があると思いますが、それがないんですね。体感的に言うと動物になった感じ、寝起きに近い、あるいは夢の中にいるみたいな感じです。



例えば何者かに追いかけられていて、怖いから逃げる、でもうまく走れないという夢を見たとします。何故追いかけられているのか、そもそもあり得ない光景ではないか?そういったことは一切考えずにただ怖くて逃げる、その行動しかないと思います。



自我がない状態だとそれと同じことが起きます。夢の中に近いので物事のほぼ全てを条件反射のみで行います。



面倒だったりしんどかったりで学校行きたくないという感情ももたず、夢遊病者のようにフラッと学校へ行き、教室でどう振る舞っていいかわからず右往左往しているうちに授業が始まり、みんながノートとっているから自分も写して、辞めるのが怖くてただなんとなく入っただけの部活に出て、意味もよく知らない練習やトレーニングで息を切らせて、家に帰る。これをループしているうちに学年が上がり、状況がよくわかっていないうちにとりあえず進学か就職。



私の場合、自分の意思より他人の機嫌を優先し続けていたらいつの間にか自我が希薄になっていったことと、緊張する場面が多くて考える余裕がなかったことが重なったのが原因でしたが、一概には何とも言えないでしょう。最終的には進路選択を自分でしないどころか、「受験会場に着いたものの、自分が何しに来たのかはよく知らない」という事態になっていましたが。でも当時はそういう状態になっていることすら気づきませんでした。



私は卒業して最初に働いていた先でもまだ自我がない状態でしたが、今ではどんなもんなんでしょう。さすがに当時よりかは意識レベル上がっていると信じたいです。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line

重要なメモをわざと汚い文字で残して分かりにくい場所に散らかすことで他者の悪用を防ぐ癖

また重要なメモを紛失して部屋中をかき回しておりました。友人には「1冊のノートにまとめた方がよい」と言われましたが、この一言で決定的な文化圏の溝を感じましたね。



自他の境界の区別がつかない人、もっとわかりやすく言うと自分の物と他人の物の区別がつかない人が狭い家の中を徘徊する環境で育った私は、メモを整理するということを嫌いました。「報復のため」という名目で悪用されるパターンも考えられますし。



メモを残すこと自体がリスキーでしたが、どうしても残した方がいい場合は他人には読めないくらい汚い文字で、まるで森の中に木を隠すようにゴミ溜めの中にくちゃくちゃのメモを混ぜました。



そんな癖がついているせいで、よくメモをなくしていました。ネット上のパスワードだと二度とログインできないことも1度や2度ではありません。メモが見つかっても自分ですら読めないことも。



一度全てのメモを集約させようと思ったことは最近あったのですが、媒体も保存場所も散らばったメモを1つにまとめるのは大変な作業で、どうしてもする気が起きませんでした。




部屋の整理がデメリットにならない家庭で育った友人が羨ましく思うと同時に、そんな事情はつゆ知らず「だらしない人」としか思われていない現実に無情を感じざるを得ません。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ゲオビ(笑)

Author:ゲオビ(笑)
右往左往している間にアラサーになった男です。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

line
カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。