スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

石膏2週目(4)

ちょっと間が空いてしまいましたが続きです。

前回の状態からどう進めていいかわからなかったので思い切って他の方に聞いてみました。

すると、形は取れているのでもっと大胆に色をつけていった方がいいそうです。確かに恐る恐るデッサンしていたようなところはあったので、失敗してもいいから大胆に色を描いていくことにしました。

あと細くて固い木炭をくれた方も。ある程度強く描いても色がつきにくいので仕上に有効です。

そして

20140422_agr_de1.jpg

こうなりました。

しかし、先生には「細かいところはいいから、もっと大雑把な視点を大事にした方がいい」とアドバイスされました。あれ?細かい面が見れてないほど大雑把に描いたつもりだったのですが・・

そして「骨格を合わせようとしたら似てくる」とも。きちんと観察して構造が理解できていれば、似せようとしなくても勝手ににてきてしまうそうです。

つまり描き方が理解できていない、きちんと観察できていないままテキトーに取り繕っていたことになります。「とりあえず大雑把に描いて、あとは指や練りゴムで表面をごまかしただけのデッサン」という戦慄の事実が浮かび上がってしまいました。

20140422_agr_de2.jpg

ちなみに先生の指が触れた後です。瞬時にここまで立体感が変わるとは。神の手だ・・

デッサン2週目はここで終わりです。次回どうしよう・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト
line

石膏2週目(3)〜それぞれの人生〜


20140416_agr_de3.jpg

これ昨日

20140417_agr_de1.jpg

そして今日

ほとんど変わりませんね(笑) 全体的にミスった感が拭えず、このデッサンへの興味が薄らいでいてあまり進みませんでした。加えて朝ちょっとしんどかったです。

その代わりいろんな方と交流ができたので今日は今日でよかったかなと思います。

人それぞれ色んな人生があるし、あっていい。自分1人だけが苦しい思いをしているというわけでもないことに気づきました。もちろん「辛いのはみんなと同じ」と言いたいわけではなく、もっと自然な形で様々な苦楽のあり方を発見できただけです。

明日は立体にすることを目標にします。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line

石膏2週目(2)

続きです。

20140416_agr_de1.jpg


1人目の先生に顔がクシュってなってるって言われました。前から顔がこうなる傾向にあったのですが、どうにか直りませんかね・・

それから顔以外について。

20140414_agr_se.jpg
20140416_agr_de2.jpg


2人目の先生に胸部というか、台の形が全然違うことを指摘されました。描き込まれた部分ではなく、紙の白い部分から像を見てみると、つまり視点を変えてみるとわかりやすいそうです。そして確かにカーブの角度が全然違うことがわかりました。台の長さが違うことは同じ部屋のうまい方にも指摘されていたのですが。

20140416_agr_de3.jpg


修正ループに陥って意味不明に。台描くのを結構いい加減にやっていたツケです。アウトラインならいつでも描き直せると思っていた結果、顔ばかり重視するようになってしまいました。

ところが、台が描けていないと全体が崩れます。これなんか真顔のくせに首がニョキっとなっててひどく滑稽に見えるのですが。そして一度全体を崩すとやり直しが困難ですね。

そもそも輪郭をはっきり定めないような結論を出さない描き方にも問題があるような気がします。「そこ保留だから」みたいな箇所が全体を支配して、このようなデッサンになってしまうんですね。

明日も・・行くか・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line

色が濃いね

IMG_3188.jpg

色が濃くて水彩らしい感じがでませんでした。次からはもっと薄く重ねていきます。

今回は混色重ね塗りも意識しましたが、それもまだ足りなさそうですね。

20140415_suisai_3.jpg

おまけ  

やっぱり濃いね。顔料塗り過ぎました


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line

あれは本物の才能だったのかもしれない

美術研究所で一時期顔を合わせたS君。もう退会してしまったそうですが、今日彼の話題になりました。

彼のデッサンに皆が口を揃えて言う言葉は「魅力的」。私も見たことがありますが、嵐を巻き起こしそうなほど迫力がありました。冗談抜きで。全体に流れるような動きが感じられ、石膏像が生き生きしているのです。いろんな人のデッサンを見ましたが、彼のだけ異質でした。

しかも好青年。爽やかな人でした。

そんなS君は誰もが知っている大手ゲーム会社に就職したそうです。やっぱすげぇな・・

元気でいてね。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line

石膏2週目(1)

朝起きれました。今週もアグリッパ描きます。

しかし形がとれません。意味がわからなくなって収集がつかなくなってしまいました。前のような勘が全然はたらきませんね。正直困惑しております。

20140414_agr_de1.jpg


もう勘弁して〜な。



take2

20140414_agr_se.jpg
20140414_agr_de2.jpg

2枚目に描き直してまだマシになりました。前回指摘された鼻の高さも意識したからかもしれません。本当はもうちょい描きたかったのですが、今日はこれ以上進めると形が崩れていきそうな予感がしたのでここで帰りました。

2年間自分と格闘し続けた結果、やっと体力がついてきたというか、自分の体の使い方がわかってきた気がします。

このデッサンの続きは水曜です。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line

石膏1週目のまとめ

一応今週描いたデッサンのまとめを忘れないうちにメモします。

20140413_agr_de1.jpg

N先生に見てもらったときに「横に長い気がする」と伝えたところ、その勘は当たっていると仰られました。同時にその勘は大事にしないととも。間違えるのは仕方ないですが、気づいていたのに押し進めていったのはダメでしたね。

20140413_agr_de2.jpg

直したつもりが顔潰れてしまいましたww 描く絶対数が圧倒的に足りていないうちはよく起こることだとは思います。問題は失敗に対して自分を責めていたことです。2年前も「どうして」「なぜ」と自分を責めたものですが、経験もないうちからそんなうまくはいきません。自分いじめを止めていたらもう少し未来が変わっていたかもしれませんが。

20140413_agr_de3.jpg

正中線すらあやふやだった私にS先生は観察の極意を叩き込んでくれました。縦横は見るのに、何故奥行きは見ていないのかと。漫然と「見る」だけでなく、ちゃんと「観る」こと、つまり観察が重要だと仰られました。これを機に奥行きも意識した観察もするようになりましたが、観れば観るほど頭が混乱してよくわからなくなってくるのが残念です。予備知識によるサポートもいるかも?と思いました。観察は根気よく続けます。

20140413_agr_de5.jpg
20140413_agr_se2.jpg

N先生に鼻ぺしゃになっていることを指摘されました。石膏像の鼻はもっと高いと。いつも西洋人っぽい顔にならない原因の1つでしょう。これも言われるまで気づきませんでした。やっぱり教えてもらうのは大切ですね。ここで終了です。

というか

20140413_agr_de4.jpg

途中で顔変わってない?これも気づきませんでした。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line

絵の具買ってきた

何だかんだで結構お金かかってしまいました。でも発色に感動です。

20140412_suisai1.jpg

瓶の色が死にそうですが・・w とりあえず試し描きしてみましたが、これだけでも時間かかりました。紫の色を作る際もググりながらですし、それ以前に固形の水彩絵の具の使い方よくわからなくて大変でした。

先は長そうですが、とりあえず絵の具買ったということで勢いで更新します。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line

石膏1日目

2014_0407_agr_se.jpg
20140410_agr_de.jpg


ここまで描いて片付けてきました。まあ何と言うか、色々アレですけれども仕方ないですね。これから教室でのデッサンと家での絵の練習を一から出直しできればいいかなと思います。

久々に行ったのでいろんな人に驚かれました。「お仕事忙しい?」「ま、まあ・・はい。」

嘘つきました。ごめんなさい。まさか眠気がひどくて何もできなかったなんて言うこともできず・・本当は正直なところを言う予定だったんですが。口が勝手に良く見せようと反応してしまうようです。

続きます。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line

身を切られる思い

久々にデッサン教室に行ったのでそのことについて書こうと思いましたが、ちょっとみっともない話に変更します。

私に屈辱の言葉を投げかけた元友人が賞を取り、めでたく漫画家になることができました。私を踏み台にしていった人たちがどんどん幸せになっていくのを見ると、なんだか生命のともしびが失われていく感覚に襲われます。因果説なんて嘘っぱちなんですね。

近々「ほら見たことか。クリエイティブな俺と違ってお前はクズなんだよ!」という連絡が届くことでしょう。いや、私のことなんかもう眼中にないのかもしれませんが。次会う機会があれば、向こうの暴言をヘラヘラ笑って聞くことになるのは確実です。拳を握りながら。

いや、もういいんですけれどもね。所詮私はクズですし。ただ、そこまで非難されなければならないほど人に迷惑をかけた覚えがないということ、そこだけが疑問です。

はあ・・もうずっと寝てようかなとも思います。今から何をしようが人を見返すほどの偉業を成し遂げられるわけでもないですし。おすし。それどころか最低限のことすらできない始末。

このブログ見つけて「メシがうまいwwwwwwwwwwwwww」とか言ってたりするかもしれませんね。それはそれでいいんですけれども。メシウマしてください。私は負けました。どうぞ敗残者を足蹴にしてください。便器として生まれた私の運命ですから。

勢いに任せて書いただけなので後ほど削除するかもしれません。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line

そうは言ってもやはり口だけ野郎なのは認める

前に友人だった人に「何だかんだ理由つけてやらない口だけ野郎」と言われました。わざわざ呼びつけてまで言うことかどうかが疑問だっただけで、それ自体は事実です。

今まで多くの出会いがありましたが、私のKUSOさ加減に呆れて去っていった人も多いと思います。それも身から出た錆なので仕方ないです。

私は自分が嫌いです。嫌な面は治したい。しかしなかなか思うように変えられません。時々「人はいつでも変われる。変わらない人は、今の自分が心地よいから変えようとしないだけ」と主張する人がいます。そのように言う人は、本当に深刻なコンプレックスなど経験したことがないのでしょう。醜くてグロテスクな面を抱えた私がどれほど変化を切望したかなんて、おそらく知る由もありません。

人はやはり変えられることの方が少ない生き物のような気がします。おそらく私が口だけ野郎なのも変えられないでしょう。諦めて受け入れるか、最後まで抵抗するかはわかりませんが、一つ言えるのは真剣に向き合い続ける必要があるということです。

でも人生ってそういうものかなとも思います。万事うまくいっている人も、最後は死と向き合わなくてはなりません。運命に対して逃げずに対峙し続けること。それが人の理想だとすれば、私はもっと悩まなくてはいけないでしょう。

これすらも口だけで終わる可能性は十分に秘めていると思いますが、ここに口だけ野郎としての自分を見つめた証を残したいと思います。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ゲオビ(笑)

Author:ゲオビ(笑)
右往左往している間にアラサーになった男です。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

line
カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。