スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

最後の出勤日

最後の出勤日が終了しました。品出しのバイトにはもう行くことがありません。

最後に感謝の気持ちを込めて主任に菓子折りを渡しました。これをみんなで分けてくださいと。こんな私にも親切に接してくれて本当にありがたかったです。ミスをすることも度々ありましたが、快くフォローしてくれました。

しかし台詞を考えていなかったため、そのことをうまく伝えられませんでした。こういう時はあらかじめ何を言うか考えておかなければなりませんね。

ここに入るまでは社会不適合者すぎて仕事なんて二度とできないと思っていたのですが、自分にもできることがあると気づき、それが随分自信になりました。そしてもっと自分にできることを探すようになり、ライターのバイトを応募しました。バイト掛け持ち状態でしたが、自分にしかできないことは何だろうと考えた結果、ライターのバイトを続け品出しのバイトを辞める選択をしたのです。

品出しのバイトをしていなければ今の自分はなかったと思います。たかがバイト一つでと思うかもしれませんが、社会不適合者というのは本当に厳しい状態なのです。うまく人間社会に適合することができず、社会から拒絶され生きる術を無くす。こんな状態を誰が望むのでしょうか。

人生白紙人間でも受け入れてくださった感謝と、せっかく受け入れてくださったのに勝手な都合で辞める結果になった申し訳なさから、せめてもの気持ちとして渡した物が菓子折りだったわけです。菓子の1個2個で喜ばれるとは思っていませんが、気持ちを伝える方法を他に知りませんでした。

それともう一つ。お客様にも感謝しております。ほとんどのお客様が律儀な方で、気持ちよく仕事をさせてもらえることができました。よく小売り業にはクレーマーが多いと思われがちですが、少なくとも私が出会ったお客様のほとんどが丁寧な方でした。もし当たりのキツいお客様ばかりでしたらここまで続いていなかったでしょう。もちろんお客様のおかげで給料をもらうことができたことにも感謝です。

働かせてくださった会社と従業員の皆様、お客様方。今まで本当にありがとうございました。

しかしこれが終わりではありません。今後自分はどうするか。どうしなければならないか。それを考えなければなりません。ライターの仕事をものにできるよう努力し続けていくことが必要です。

それとやり残したことが1つ。ブログタイトルにも書いてある絵です。しかしこちらはどうでしょう。もしかしたら生きていく過程で捨てざるを得なくなってくることもあるかもしれません。これからどんな未来が待ち受けているのか、自分がどう変わっていくかわからないので何とも言えませんが。前進していけばきっと答えが見えてくるでしょう。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト
line

自分がものを考えられないワケ

自分が物事をきちんと考えられない理由がわかってきました。

私の場合、入ってくる情報量が少ないのです。テレビもネットもあまり見ませんし、それによって考える機会もありません。全く見ないわけではないのですが、かなり偏っています。

まずいろんなところから情報を取り入れ、それに対して何を感じ、自分はどう考えるか。思考の力を鍛えていくには必要なプロセスだと思います。その積み重ねが物事を考えることに繋がっていくのです。

それができていないと視野が狭くなります。

例えばいじめ問題を考えたときに、生徒が自殺したニュースを聞いただけでは「許せない」の一言で終わります。しかし、

・いじめられていた子の性質
・本人の親
・いじめた子が育った環境
・教師の管理
・学校のシステムや風潮
・法整備

これを考えただけでも随分思考の幅が広がります。そういった多角的な視点が深い思考を生み出すのです。

また、経験も必要です。外から得た情報も大事ですが、自分で経験すると感覚でわかりますし、リアルです。

まず自分はいろんなことに興味をもたなくてはなりません。しかしそれには時間とエネルギーが必要です。特に活力が足りないと眠たくて何か行動を起こす気になれません。今までみたいに寝てばっかりにならないよう工夫したいと思います。

時間の都合により内容が薄くなってしまって申し訳ありません。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ

line

眠り癖と休み癖脱却のために

2月になってからライターのバイトを3回も休みました。今までどんなことがあっても休むことはなかったのですが。もはや休むことが癖になっています。これは辞める一歩手前かもしれません。

原因は眠り癖が再発したことです。ずっと寝ているため、バイト行く直前になっても下調べが全くできていません。こうなってしまうともう術がないのです。できませんでしたと謝ることに意味はありません。誠意を尽くしたければ、きっちりしたものを書いて提出する。これ以外に方法がありません。よって、行く前までに下調べができていない地点で詰みなのです。

明日をわくわくした一日にしたい。朝起きたらあれをしよう、これをしよう。そう思えば何時だろうと起きれます。しかし、最近やりたいことがありません。何かをしようという気が起きないのです。ただ眠いだけでなく、自分の中にある原始的な欲求を生み出すためのエネルギーが死んでいます。

これもストレスが溜まるとそうなりがちです。家族は私に好き放題吐き出してスッキリするのでいいかもしれませんが、私の中では確実にストレスが溜まっていきます。そして消化されないまま残留するわけです。その見えないくて気づきにくいストレスが残ったまま仕事しようとすると、体が拒否して一気に眠くなります。そして今日もまたサボってしまったと自己嫌悪に陥るわけです。

全てを人のせいにしているわけではありません。しかし一つ言えることは、問題のある面が目立つ人に話を聞いてみると家庭環境が悪かった。そういうことがよくあるということです。うちの場合はどの程度悪いのか、家庭環境が悪いと言えるのかどうかは知りません。ただ、非常に粘着質ではあります。それに加え、人として根本的になければならない何かが欠けています。人はどうやったらこんな精神年齢が低くなるのでしょうか。私も含めそういう人はたくさんいますが、この家もそうだっただけでしょうか。

いずれにせよ、互いに消耗し合う負のスパイラルから抜け出さなくてはいけません。だからと言って一人暮らしをするほどの余裕はないのです。

ですから、不穏な空気が漂ってきた地点で外に逃げるようにします。スタバではWi-Fi環境が整っているのでインターネットが使えます。スタバでMac使ってドヤ顔していると思われるかもしれませんが、こっちは必死なのです。

何者にも邪魔されず、クラシックでも聞きながら自分のやりたいことをやりたいだけやる。時間がある時にこれができるようになればエネルギーもきっと回復していくはずなのです。これこそが眠り癖を脱却し、本当にしなければならない義務を果たしていけるようになるプロセスなのだと思います。




にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line

貯金が増えない

バイト掛け持ちで入れていたら貯金も相当溜まっているはず。そう思っていたのですが、全然増えていません。むしろ減っていっているような……

いったい何に使ったのでしょうか。残念ながらほとんど覚えていません。覚えていないようなことに消えていったのです。

自己投資のためにお金を惜しみなく使ったのなら後悔はしません。しかし、浪費でお金がなくなってしまったのです。

働いた分使ってしまったのでは意味がありません。それだったら家でゴロゴロしていた方がマシです。お金が残らなかったということは、働いたことが無意味だったということでしょうか。

少ない稼ぎで少ない支出を目指していたのですが、現実はほど遠いライフスタイルだったようです。

しかし落胆してばかりもいられません。対策を立てなければ、次も同じようにして消えていきます。

ということで、浪費生活の中でもなんとか残った虎の子を守るために家計簿をつけることにしました。家計ではないですけどね。自分家計簿です。使ったら必ずノートに記入します。2月1日からつけ始めたのですが、今の段階ではまだ家計簿用に買ったノートとガリガリ君1本と電車賃以外使っていないので、そんなに支出はありません。このままのペースでいけば、最近支払われた給料がほぼ丸々残ります。それに加え、今月働いた分の給料を守りきれば、2ヶ月働いた分を守れます。

今月で品出しのバイトを辞めるのでそれ以降収入はガクッと減ります。それ以降はどうやって減らさないかに加え、どのように有効活用していけばいいかを考えます。

社長によると、「収入が入る前にお金が入った時の使い道を考えておかないと簡単に消えてしまう」そうです。その言葉、もっと早く聞きたかったナリ・・・

美術研究所の会費・交通費・画材。これしかないでしょう。

お金もそうですが、時間も同じように使い方を決めておかないと消えていきそうですね。

今のところやりたいことが多すぎるので絞ります。学生の頃にやっておかなかったから、絞り込んで捨てるハメになるのです。

大雑把に分けると、絵画・文章・バイトになります。これも細分化していくと、行動に移せる段階になると思います。

あとは、計画倒れしないようにするだけですね。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line

消耗人生

新品のMacBookの上にゲロを吐かれた一件でだいぶ腐ってしまいました。バイトと寝るの2択に戻ってしまい、火曜日に至ってはライターのバイトを休むまでに。ただでさえ書けていない日が多いのに、全く予習もできていない状況で精神的にも最悪です。これでは十中八九何も書けないで終わります。やる気もないのに会社に行って給料だけかっさらっていくのなら、休んだ方が社長にとってもありがたいのではと思ったからです。

昨日も同じ状態でしたが、さすがに2回も休むわけにいかなかったので動かぬ体に鞭打って無理やり出社。短期間集中で何とか記事を仕上げました。

今回腐ったりもちなおしたりでわかったことは、家族間で争うと想像以上に時間も気力も体力も奪われていくということです。先週の貴重な休みも親に粘着されて、何のやる気も起こらなくなりただ寝ているだけで終わってしまいました。あれ?これって学生時代とよく似ている……

私が学生の頃は弁当箱を出していないというだけで2時間発狂されて大変な思いをしました。怒られたのではなく、発狂されたというところにポイントがあります。話が全く通じないからです。こちらは冷静に話がしたいだけなのに、向こうは勝手に「攻撃された」と思い込み、顔を真っ赤にします。形相がヤバいです。弁当箱を出さなかったのは私が悪かったのですみません。ですが、忘れていただけで悪気はなかったのですと言っても、親は自分に対する当てつけ・復習だと言って、恨みは一生忘れない・親を大切にしない奴はいつかしっぺ返しがくるなどと執拗に追い立てます。

今回の一件も直接の原因は猫ですが、親の発狂がなければ起きなかったことです。親に粘着されて疲れきってしまい、仮眠した隙をついて猫がMacBookの上にゲロを吐きました。買ってから一週間、寝る前はいつもカバーに入れていました。では、今回は何について発狂したのでしょうか。

私の友達は家に呼ばせてもらえなかったなのに、兄は自分の友達だけはしっかり家に連れてくるのです。しかもその旨を自分で言うのではなく、親に伝えさせました。私はこれに対し、連れてきても構わないけど、私に直接伝えてほしいといいました。そこで親のスイッチが入りそうになったので、私はすかさず自分が我慢するからいいと言いました。前も同じことがあって、その時も不毛な争いが起きたからです。

しかし、そこまで譲歩したにも関わらず粘着され続けました。さすがにウザすぎたので、人に禁止したことを自分がするのは筋が通らないと言いました。すると、私が連れてきた友達が兄に追い返されたことなど覚えていないと言うのです。あなたが覚えていなくても、確かにあった話ですと言うと、事実確認がとれないから無効などと言います。挙げ句の果てには従軍慰安婦問題と一緒にされる始末。その他にも時効だの過去の話・もう終わったことだの挑発なのかと思うような発言を連発します。話を元に戻したかったので、では次から私に伝えてくださいねというと、今度は私が基地外じみた態度をとるから兄が話かけられない状況なのだと言います。私はこちらから仲良くしようと言い続けたのに、一方的に兄がキレてきたというと、兄は優しいから、原因をつくったのは私に決まっていると言うのです。

この親、完全に頭がおかしいです。兄が好きすぎる感情が先走り、わけのわからないことを連呼します。さしずめ熱烈なアイドルファンが、秘密裏の交際が報じられた時にわけのわからん理屈を立てて何が何でも否定するのと同じと言ったところでしょう。しかし、肝心の兄は筋が通らないことをしているので、やはり発言も苦しいのです。

それに私は責めているわけではなく、一言伝えてほしいと言っているだけなのに、やはり攻撃されたと思い込んでいて鬼の形相に変わっていくのです。小さい頃からそうでしたが、兄が私に冤罪を押し付けてきたので抵抗すると、兄に対して攻撃したと思われて、今度は親が私に対して「復讐」してきました。

この人の約50年間の集大成がこの体たらくです。いかに無意味な人生だったかがわかります。きっと中身は子供のままなのでしょう。いや、獣と言った方が適切かもしれません。

私の大切な人生がその無意味な人生の巻き添えになったのです。思えば今回の一件のようなことが、中学・高校・大学・大学卒業した後と、約10年に渡って毎日行われてきたのです。しかもまだ学生の頃ですから、仕事よりはるかに辛かった日々です。そこに毎日発狂を被せられたようでは、時間も気力も全部奪われて疲れて寝る以外なにもできません。その寝る以外何もできなかったのが、私の眠り癖の正体だったのでしょう。親は何かと言っては何で子供のできが悪かったのだとつぶやきますが、原因は簡単です。本人が台無しにしただけです。

だとすると、私の人生は消耗人生だったということになります。他人に時間を削られていっただけの人生。まあ生んだのも親ですから、どうしようが親の勝手という意見も考えられますが。一生に一度の大切な人生と考えていましたが、元からそんなものなかったのです。

しかし最近親も激高する数が減ってきました。何かきっかけがないと爆発しなくなったからです。少し前までは諦められているからもう何も言わなくなったと思っていたのですが、この親も消耗していったのかもしれません。



にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line

ギャンブルのすすめ

3万円が2千円になりました。これで傷口が14万5千円から17万3千円に膨らみました。小遣い欲しさにやったわけではなく、もう一度MacBook Proを買うという明確な目的のために仕方なくやったのですが。悪魔の証明ってよく聞きますけど、十分証明になっているんじゃないですか?

一つ言えることは、どこかで大勝ちしないとずっとこの傷を引きずることになるということです。思考回路が破滅パターンなのはわかっていますが、わかっていてもどうにもならないですし。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line

新品のMacBook Proにゲロ吐かれる

新品のMacBook ProのRetinaモデルの上にゲロ吐かれました。猫がゲロを吐くということは度々あったのですが、まさか買ったばかりのMacBook Proの上に吐かれるとは思ってもいませんでした。

それもいつもならケースに入れて寝ていたのですが、昨日は親と一日中言い争い、疲れて机に置いたまま寝てしまったのです。そして、猫が机の上に登ってまでゲロを吐いたのも今日が初めてです。

もう何でしょうね。何がいけなかったのでしょうか。万が一にも備えてケースにいれなかったせいでしょうか。親の言うことをじっと耐えてすみませんすみません言っておけばよかったのでしょうか。午前3時半に目覚ましセットしたのに、二度寝してしまったせいでしょうか。起きたと同時にゲロ吐かれたので、あと10分寝るということをしなければ間に合いました。もう引き寄せの法則というか、運命的な何かがあるんでしょうね。

ゲロ吐かれても使えることは使えるのですが、新品のノートパソコンの上にゲロを吐かれるのは相当ショックがでかいです。特にMacはデザイン性に優れており、宝物のように扱っていました。使う時も手汗がすごく、常にティッシュを用意していたのですが、今では全く手汗が出ません。指でスクロールしてもキュッと止まることがなく、さらさら動かせます。ということは、もう大事な物ではなくなったということです。断捨離の本にすら本当に残すものとして書かれていたものなのに。

あれだけ使うのが楽しかったMacBook Proが、今では使ってて苦痛です。これは単に愚痴を吐くというレベルではありません。ライターのバイトする時もこのノートパソコンを使いますので、毎回この苦痛を味わいながら仕事しなければならないということです。これでは仕事が仕事になりません。

こうなったらもう一度新品買うしかありません。しかし、14万5千円の埋め合わせなんて聞いたことがありません。特に稼ぎの少ない私にとって、最後の自己投資だったのです。それをもう一度しろと言われても、もう無理です。

どうしたらいいのでしょう。私には宝の持ち腐れのようなスペックを持ち合わせたこのパソコンが、もはや不良債権でしかないのです。売ったらいくらぐらいになるのでしょうか。仮に半額で売れたとしても、あのキツイ肉体労働である品出しのバイトをあと1ヶ月も延長しなければ埋め合わせは不可能です。はあ……どうしたらいい……。

もう売った金をギャンブルで倍にするしかないですね。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ゲオビ(笑)

Author:ゲオビ(笑)
右往左往している間にアラサーになった男です。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

line
カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。