スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

楽しんでやる

最近の私はバイトが忙しい、大変だとばかり言っているような気がします。やることに追われ、自分のやりたいことができていない。それでは誰のために生きているのかわからなくなります。本当は自分で自分を追い込んでいるだけなのですが‥

特にライターのバイトは書くのが大変で、予習がうまくできないと全然書けません。その予習も朝なかなか起きられないため、できていない日が多いのです。できない日が続くと、自分がダメな野郎に見えてきます。

一つ前の記事で意欲が湧いてきたと書いたばっかりなのに、もうこんな状態に戻っているようではなさけない。こういう時は本を読んで発想の転換をはかります。

そこでたどり着いたのが、「楽しんでやる」ということです。やらされているのではなく、自発的にやる。それも自分で面白くしていく

品出しのバイトにやりがいを見いだすのは難しいので、お金をもらいながら運動をしていると思うことにしました。人がたくさんいるところでは緊張もするので、呼吸を整えて緊張を和らげる訓練の場にもします。どうも自分は緊張すると呼吸が浅くなりがちです。特に吸うだけで吐かないので、どんどん苦しくなっていきます。小さい頃ぜんそく体質でしたのでその名残かもしれません。ということで、息を吐くことを特に意識して呼吸療法をすることにします。

ライターのバイトはもともと書く仕事がしたくて始めたことですので、もっと楽しむ余地がありそうです。書く作業はそこまで苦労しないのですが、調べて情報を整理するのが苦手で、ここで大きくつまずいてしまいます。しかしどこが苦手なのかが分析できれば、仕事=苦痛ということは回避できそうです。

調べる作業に関しては、もっと世の中のことに興味をもつようにします。今まで自分のことにしか興味がありませんでしたので。ただ、興味をもつようにするということができるかどうかわかりませんが。情報整理が苦手分野なのはもう仕方ないですので、ここに時間を多くとります。予習もしないで現地で情報整理というと職場が修羅の国になってしまいますが、家で時間を多くとってやるならまだ希望はあります。ある程度調べていったら、あとは会社で書くだけという状態が望ましいですね。

やるべきことをスムーズに処理して残った時間は、自分のやりたいことのために費やそうと思います。何でもいい。その時自分が一番したいことができる時間。そういった時間を大切にすることこそが、バイトをうまく回していくことにも繋がると思うのです。

追いつめられる毎日からワクワクする毎日へ。そうしたいと思って寝ると‥‥ なんと6時半に目が覚めました。それも眠たくなく、スッキリしています。眠気も気の持ちようで何とかなりそうです。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト
line

意欲が湧いてきた

家に帰って課題をする必要がなくなったので、生活に余裕が出てきました。それでも前はバイトか寝るかの2択だったのですが、ここ最近早起きできています。あまり眠くならず、意欲が湧いてくるのです。

ブログで暖かいコメントを頂いたこと、社長に評価されたこと、友達に文章を褒められたこと。アクションを起こす度に評価を頂き、どんどんやる気が湧いてきました。

せっかくやる気が出てきたので、このやる気を何に使うか考えた結果、前から書きたかった話のプロット(骨組み)を書くことに。これが楽しくて仕方ありません。どんどん手が進みます。それもリラックスして。前までは「しなければならない」と緊張してやっていたのですが、リラックスして楽しくやるというのが本来の趣味の在り方なのかもしれません。バイトもリラックスして楽しくできたらいいんですけどね(笑)

今の状態が続けば、あと1か月後片方のバイトを辞めたときにもっと本格的に活動ができると思います。いろんな作品を見て、絵を描いて、文章も書いて。ただ、あまり明るい未来を想像しすぎると現実とのギャップに悩みそうですので、過度な期待はしない方がいいかもしれません。あくまで、できることから一歩一歩ですね。

私に元気をくださった皆様、本当にありがとうございます。



にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line

品出しのバイトを……

 スーパーの品出しのバイトを辞めると言いました。面談がありまして、その時に伝えたのです。
 
 社員の方は快く受け入れてくださいました。もっとねばられたり、怒られたりするのかと思いましたが、全然そんなことはありませんでした。

 その後も質問はいくつかありました。中でも印象に残ったのは、

「ここでもっと頑張って社員になろうとは思わなかったの?」

ということです。あ、そういう道もあったんだ。自分はずっとバイトのままだと思っていたのですが、実は社員になれる道が残されていたのです。

 もう決めてしまったことですから、辞めるという意思は変えませんでした。しかし、面談が終わった後もずっと考えていました。

 自分は社会不適合者だとずっと思っていましたが、ちゃんと受け入れられていたということでしょうか。しかしそのチャンスも放棄してしまいました。普通になれる道を自ら閉ざしてしまったのです。

 ですが、普通って何でしょうか。大学卒業して、正社員になって結婚して。いわゆる「普通の人生」を刷り込まれて育った結果、失敗しました。逆に中卒でも立派な方はたくさんいます。もし私が中卒でも松岡修造や美輪明宏のようになれることはありえませんでしたが・・・ 

 普通の人生って何だろう。生きている限り様々なドラマが展開される人の一生に、普通なんてものがあるのだろうか。それを考えると余計わけがわからなくなってきました。

 同時に、やり残したことが頭に浮かびました。

 そもそも何でこんなことになっているのでしょうか。学校も会社にも適合することができませんでした。今のバイトに奇跡的に辿りついたわけですが面談で勤務態度もまじめだし、もったいないなあとは言われましたが、実は今のバイトの状態でいっぱいいっぱいです。緊張して呼吸も浅くなりますし、体力的にも一日6,7時間が限界ですし。社員の方の勤務時間、人をまとめる能力、店をきりもりする能力。どれをとっても自分にできる気はしません。どこに行っても自分にはできない。そればっかりです。それは、人が育っていく過程で必要なものを築きあげていかなかったどころか、マイナスのものばかり積み上げていってしまったツケかもしれません。

 人生失敗したなあ・・・。どうして失敗したのか。どうするべきだったのか。そんなことを考えて結論を出していくうちに、それを形に残したくなってきました。小説でも絵でも漫画でもどんな方法でもいい。社会にうまく適合できなかった者や人生失敗した者がどういう風に形成されていくか、その末路。それを見た学生が「こんな風になりたくねえや」って反面教師にできたら、もっと不幸な人も減るのでしょうか。でも、社員になれる道を自ら捨てて社会不適合者を語るなんて筋違いな気がします。でも社員の方のようにできるとも思えないとさっき思ったばっかりですし。

 何だかんだ言い訳して辛いことから逃げているだけなのでしょうか。面談の最後に、「ここで学んだことを次に生かして頑張ってください」とおっしゃってくれました。そうだ、頑張らなくちゃ。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ


line

もともとのダメ人間?

 自分がこうなったのは何が原因なのか。ずっとそんなことを考えています。本当に建設的に考えたければ、今とこれからのことを考えた方がいいのですが。それでもルーツをしっかり辿ることが今とこれからに繋がると信じて考え続けています。そして最近また考えが変化しました。それは、自分は生まれつきダメだったのではないかということです。

 小さい頃から自分が興味を持ったことは運動でした。特に何があるわけでもない公園や校庭でも、みんなで何か遊びを考えては駆け回っていました。それとゲーム、おもちゃ、古いお金、宝石などに興味を持ちました。しかしアニメ、漫画、本などにはほとんど興味をもちませんでした。人間の心に興味がなかったのです。今でもその話題になると「お前会話に参加しろよ」と注意されるほど全く話についていけません。それほどまでに興味がなかったということです。

 運動も物欲も否定はしません。しかし、今思うのは私の中で本当に必要だった何かではなかったような気がするということです。脳みそを使うこと。物事を考えること。人の心に触れること。すぐ癇癪を起こしたりわがままを言いたい放題だったりと、問題だらけの幼稚園生・小学生だった私にとって大事だったものは何でしょうか。自分の中の世界だけで生きていた私には他の人の考えや気持ちを知ることが必要だった気もします。
 
 しかし本を読むということを知らなかったのです。感覚的に楽しかったり、自分の興味が惹かれたりするものではありませんでした。本に興味がなくても立派になる人はたくさんいると思いますが、単なる脳タリンのクソガキが走り回っているだけですから、この地点でみじめに死ぬことが決まっていたのかもしれません。

 そして中学生になってもそれは変わりませんでした。何でもないことでも楽しめたり充足できた反面、自分の趣味ややってみたいことがありませんでした。とりあえず運動部に入りましたが、辞められないから嫌々続けていただけ。もちろん勉強も一切しませんでした。結局趣味はおしゃべりなだけという中身空っぽの人間ができあがってしまったのです。

 確かに長男が人を虐げることしか生き方を知らなかったり、親が火山のように爆発したかと思えば冷えかけのマグマのようにドロッと復讐を考えたりと家庭には暗黒が流れていたこともあります。しかし、そうでなくても終わっていた気もします。いつどの期間を切り取っても自己鍛練したことがなく、それによる辛さや楽しさなども味わったことがないのですから。

 今自分が本当に欲するものは運動でも物でもありません。自分を磨けるようになる何かです。本を読んでいろんな考え方に触れたいですし、絵画・映画・演劇・文学などの文化にも触れたいです。それは決して知識人ぶりたいわけではなく、人間の心というものに興味が出てきたからです。人の心というものは一体何なのか。人は何を考え、何を欲し、何を嫌うのか。人はどういう風に幸福になり、どのように不幸になるのか。そういったものは決して単純ではありません一見幸福そうに見える人にも波乱万丈の人生があったでしょうし、ただのクズに見える人にも背景にはたくさんの河が流れていたはずです。ただそれが誰にも知られないだけです。でも私は知りたいのです。

 しかし小さい頃から何も考えないで過ごしてきたので、頭を使うことに大変な力を必要とします。ブログがなかなか更新できなかったり、ライターのバイトにすぐ音を上げるのもそのためだと思います。その代わり運動はしてきたので、品出しのバイトはできます。重い荷物を運び続けて頭がボーッとしてきても何とか持ちこたえられます。ということは、一生重い荷物運ぶバイトし続けろということかもしれません。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line

バイトが危なくなった話

 ブログの更新が遅れてしまって申し訳ございません。何かあるとふさぎこんでしまうのは良くないことです。本当はそういう時こそ書いて頭を整理しないといけないのですが・・・

 年末年始もバイトで詰まっていました。品出しの方はもちろん、ライターの方も家で記事書いてきてと言われていました。

 しかし、これが全然手につきませんでした。12月の25日から1月の8日まで猶予があったのですが、結局全然仕上がらなかったのです。

 書かなければいけないけど書けない。その状態がずっと続き、その結果他のことにも手がつきませんでした。

 今日やらなかったら明日はもっと頑張らなきゃいけない。明日頑張らなかったら明後日はさらに頑張らなきゃいけない。日を追うごとにどんどん追いつめられていく状態はさながら悪夢です。

 辞めることも考えましたが、そういう問題でもありません。与えられたことができないというのは、即ち何をやってもできないということです。自分のためにも乗り越えなければならないという思いが、自分を余計追いつめる結果になってしまいました。

 しかしできないものはやはりできず、頭を使う仕事は諦めることに。そして辞める意向を伝えました。

 ですが、思わぬ返事が返ってきました。

 別に家でやりたくなかったらやらなくてもいい。試用期間の賃金に戻して試用期間を長くすればいいだけ。せっかく綺麗に書けているのに今辞めてももったいないと思う。

 仏のような回答です。こんなに譲歩してくれているとは夢にも思っていませんでした。しかし、やってと言われたことがやれないという根本的な問題が解決していません。試用期間が終わった後はどうなるのでしょうか?そういったことも踏まえ随分悩みましたが、続けることにしました。

 今年はスタートから危なっかしい感じです。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ゲオビ(笑)

Author:ゲオビ(笑)
右往左往している間にアラサーになった男です。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

line
カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。