スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

今まで何をしていたんだろう

デッサン教室(美術研究所)行きました。掲示板に貼ってあるテストの結果を見てみると、また1人同期で入った人が石膏後期に合格しておりました。その方の才能と努力の結果ですね。

対して私は継続ができず、完全に取り残されてしまいました。思えば1年と8か月の間、通った日はごくわずか。完全に会費だけ払っているだけの状態です。形式上続けていることになっているものの、特に描いているわけではないという、辞めるよりタチの悪い状況になっているのは私ぐらいではないでしょうか。

それでもまだ忙しい人なら仕方ありませんが、私は特に忙しかったわけでもないのに行きませんでした。何をしていたわけでもないのに。一応途中でバイトはしていましたが、その間も行こうと思えば行けました。そのバイトも結局定着しませんでしたし。

まさか去年の2月に入所した時は小金稼ぐだけで終わるなんて思ってもいませんでした。それは能動的に何かに対して努力したことがないから見えなかった未来でもあります。

自分の限界を知ってしまった今となっては「よし、今日から頑張るぞ」なんて恥ずかしいことが言えるわけもありません。今まで努力できなかった人がなぜ急に頑張れるようになるのでしょうか。一時期何かに感化されて熱を吹くことはできても、情熱を絶やさないで努力し続けることは私には不可能でしょう。

ブログで暖かいコメント・励ましのコメントをたくさん頂いたのに、こんな結果になってしまって本当に申し訳ないです。たくさん描いて、成長して、そんな理想に足元にも及ばなかった。決して騙すつもりはなかったのですが、ただ自分がこんな自分だなんて知らなかった・・情けない気持ちと申し訳ない気持ちで溢れております。

そんなことを思いながら今週のデッサンスタートです。次回ラボルト編へ続きます。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト
line

精神・体力の漏電率

デッサン教室行ってきました。久々に行って思ったのは、意外としんどいということです。

それも変に人に気を遣ったりして、作業以外で精神力を使ってしまっていることに気づきました。席決めが終わった頃には結構な体力を消耗しており、描き始める頃には休みたくなっていたほどです。これは体力の漏電に他なりません。

実は作業外での気持ち・体力・精神力が消えていく漏電率が高いと損な立ち回りを余儀なくされます。例えば仕事に関して、普通の人であれば「作業しんどいな」「疲れたー」で済むのですが、コミュニケーションに難があったり、人に気を遣いすぎたり、自分に自信がなくて追い詰められている感に襲われたりすると仕事量+αで体力をもっていかれます。αの部分が大きくなれば大きくなるほど心身に負担がかかるため、漏電率が高い人が仕事を続けるのはしんどさが想像を絶するように思われます。

たまに一見普通そうに見える人で「どんな簡単なバイトでも自分にはできなかった」という人がいますが、作業自体が難しいと感じているようで、実は「できなかったらどうしよう」とか「うまくしゃべれない」という思いが頭を支配していて、もはや作業どころではないという可能性もあると思います。漏電率があまりに高いと仕事でも苦しい思いをしますし、周りからは甘えるなと言われ、自分では何もできないヤツなんだと思うため大変厳しい状況に置かれます。定職に就かない人の中には漏電率が高い人が多いのでは?と思います。

では漏電率が高い人はどうすればいいのでしょうか。個人的には精神科病院で受けられる臨床心理士によるカウンセリングで、長い年月をかけて自分の中にある呪縛を少しずつ解いていくのが一番有効に思われます。それでも少しずつしか進まないのですが、私はこれと「緊張を和らげる薬」を処方してもらう以外に方法を知りません。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line

今週のデッサン1日目にして終了(後編)

続きです。遅くなってしまって申し訳ございません。

描く石膏像を決めたのはいいものの、ノウハウをすっかり忘れていました。そういう時こそよく考えながら描かなくてはならないということです。今までのように勘ばかりを頼りにしては成長が見込めません。考えて描いて、右往左往している時間を減らせば3日で仕上げることも可能だと思います。

ということで描きだしてみることに。

2013_3_17_1_1.jpg

うん。

2013_3_17_2.jpg

上向いてる?

2013_3_17_3.jpg

おい!

2013_3_17_1_4.jpg

もしも〜し!

2013_3_17_5.jpg

死んでる・・・

なんということでしょう。どこをどうミスったという問題ではありません。形容していい言葉が見当たりませんが、一つ言えるのは「自分はこんなに下手だったんだ」と確認できたということです。

元がこれですから、どれだけかけ離れているかがわかると思います。
IMG_2253.jpg


デッサンについて失敗してしまうことがあるのは仕方ないですが、デッサン以前の問題です。

まず、描き始めの大まかなデッサンを理屈で描こうとしてしまいました。目の位置や鼻の位置をはかり棒で計算して描くやり方ですね。しかし何もない白紙に一体どんな理屈があるというのでしょうか。流れを失うばかりか、全体が見えなくなって余計デッサンが狂いますし、セオリーとして間違っていなかったとしてもえらい時間がかかります。自分に自信がないから「絶対に間違っていないもの」にすがろうとするのです。

次に、ある程度描いたところで今度は勘だけで描き直しを繰り返しました。いや、そこではかり棒使わなかったらいつ使うん?基準もできているから中心に対しての鼻の位置・目の位置というように、はかり棒を使ったら理屈で考えられるでしょうに。

まずフィーリングで大まかに描いてからズレているところは理屈で考えていく。こんな単純な工程すらできていない地点で終わっています。考えて描けていない証拠です。

しかも手順無視して細部をいじり続けるという間違いを犯したのはデッサンに限ったことではありません。ライターのバイトでも何度もしました。

自分は考えることができないから何をやっても身に付かない。いつまでたってもしょうもない自己満足。そう思ったら何に対しても興味がなくなってしまいました。その結果ブログの更新まで何となくはかどらなかったのです。

そうは言っても放棄したら終わってしまうだけなのでどうにかするしかないのですが。考えて行動できていない地点で放棄と同じですけれども。



にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line

今週のデッサン1日目にして終了(前編)

最後に美術研究所へ行ったのが去年の11月。今日からまた石膏デッサンができるようになります。

その反面微妙な気分でもありました。なぜデッサンが必要なのか。何を描きたいのか。描いてどうするのか。自分は一体何になりたいのか。どうありたいのか。どういう人生設計をするつもりなのか。そういったことが定まっていなかったからです。行動していくうちにわかってくることもありますが、その辺が未解決だと何だかスッキリしません。

前はこんな風になろうというビジョンが曲がりなりにもあったのですが、変化する日々の中で自分の考えも変わっていき、何か違うなと思うようになりました。それに伴って迷いも多くなったのです。

しかし考えてもわからないので、とりあえず行動するしかありません。目の前にあることを一生懸命頑張って、それが積み重なって将来が見えてくる。そういうものかなと思っています。

そんな感じの心境でデッサンスタート。ところがここで問題発生です。描きたい石膏像がありません。前はどの石膏像も描いてみたいと思えたのですが、今はどれも描く気がしません。興味の幅が狭まったのでしょうか。これには自分でも驚きです。

おそらく週3で描ける石膏像がないからだと思います。週6でも仕上がらないので、描きたくないのではなく描けないのです。

少しでも描く要素が少なくい石膏像を探した結果・・・

IMG_2253.jpg

これしかない。

後半へ続きます。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line

努力の先延ばし

 物事には何でも優先順位というものがあります。皆少ない時間を、優先順位を決めて割り振っているわけです。それが私にはできません。

 今日もこの時間まで寝て起きての繰り返しでした。まずやらなければいけないことをやった後寝る。当たり前の順序が逆になってしまっています。結局逃避しているだけです。

 私は昔から努力を先延ばしにしてきました。将来を建設的に考えるのが嫌で楽な方向に逃げ続けた人生の結果が今の私です。

 今まで何の努力も重ねてこなかった者が一夜にして努力家になることは不可能です。これからの人生の中で努力をしようとして失敗してを繰り返して修行していくしかありません。

 しかし20も中盤になった人間が今さら何を言っているのでしょうか。今から修行して間に合うとしても、では私は20年以上も何をやっていたのでしょうか。

 努力ができないのなら、もう何も望まないと割り切った方がいいのかもしれません。それが努力のできぬ者の正しい在り方のような気もしてきました。

 最近まで大人になりきれないまま死ぬのは嫌で、今からできることの精一杯をやろうと思ってきました。しかし、実態は今までと同じ怠惰の生活。それでも治そうと思い行動し続ければいつかは治ると思っていたのですが。

 何も人様と同じようになりたかったわけではありません。自分の中で納得できる生き方ができればそれでよかったのです。それもまだ間に合うのか、タイムリミットなのか。わからなくなってきました。


にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村


ニート日記 ブログランキングへ
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ゲオビ(笑)

Author:ゲオビ(笑)
右往左往している間にアラサーになった男です。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

line
カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。